ダイハツコペン初代は中古車市場の人気が高い車です!

ダイハツコペンの初代は2002年から2012年の10年に渡り様々なマイナーチェンジをし、現在生産が終わっていますが、新型の2代目のコペン第一弾「ローブ」が2014年に登場しました。
2014年秋には第二弾、2015年には第三弾が登場します。
二年間の沈黙を破って産まれてきたコペンに注目が集まるところですが、中古車業界では初代の人気が高く、コペンの中古車を探している人は少なくないです。

 

コペンはツーシートのスポーツカーなので、乗り換えを考えている方には、家族構成上、ミニバンが必要になった方がいるかもしれませんね。
もし買い替えをお考えであれば、その車を買うときのディーラーに下取りという方法が一般的ですが、買取りという手段もあります。

コペンの買取りでの査定と下取り価格は

愛車のコペンの買取りをしてもらいたいと考えている場合は、まず買取りをしてもらう前に査定で値段をつけてくれるのが一般的です。
その査定額で今後、車を売るかどうか判断できるようになってくるわけですが、事前にインターネットなどで相場を調べておくとわかりやすいです。
そして、車を買い取ってもらうところも何箇所かで査定してもらってみると比較ができてくるといえますが、下取り価格なども見積もりを出してもらうのがもっともです。

 

最初にコペンの下取り価格と査定価格を提示してくれるのが通常ですが、それで一度保留にしてみるのもありです。
基本的にタイヤなどの消耗品や車検の残り期間は見積もってもらう際には基準として含まれないものなのですが、特に心配する必要がないのがほとんどです。
自分自身の判断で買い取ってくれる車屋が決まると、あとは車を売ってからお金を振り込んでもらうまでのタイミングを確認するべきでもありますが、問い合わせてみると教えてくれるわけです。

 

中古車は売るにしてもちょうどいい時期がある傾向が強いですが、納得できる価格で買い取ってくれる場所を回ってみると満足度が高くなりやすいです。
車を売る時点では修理的なども伝えておくのがベストです。

 

買取りの方が下取りよりどれだけお得なわけですか?

一般的に買取りの方が下取りよりも高く売れる事が多く、その平均差額はプラス16万円だとも言われており、査定をした半分以上の方が
下取りよりも買取りの方が10万円程高かったというのです!

 

10万円も多めに現金が手に入ったら、新車の購入代金も助かりますし、オプションも付けてみようかなとかも考えちゃいますよね。
車を手放すだけなら、引っ越し費用に当てるとか、借金を返すなどにも使えます。

 

また下取りは「車を買う」時の割引として利用されるため現金としては手に入らないのですが、買取りは「車を売る」のみなので現金が手に入るというところも違うところですね。

更新履歴